“蜂の子”ってどんな珍味?

二千年以上も前から薬として使用された蜂の子について

蜂の子は蜂の幼虫です。蜂の子を食べる風習は世界各地、日本各地でも見られます。蜂の子を食べる風習のない地域に住む人にとっては、蜂の子を食べるのは勇気がいることだろうと思われますが、蜂の子には高い栄養価があります。

二千年前の中国では、薬として使用されていた歴史があります。蜂の子には頭痛を回復させる効果や内臓機能の回復、皮膚のハリや艶を改善させる効果があるとされています。世界各地でも蜂の子の研究が行われており、蜂の子は高い健康効果を秘めたスーパーフードとして認識されています。

現在では蜂の子の栄養成分について科学的に判明されています。ビタミンや脂肪、タンパク質や脂肪酸の他にも、人の体内で作ることが出来ない栄養成分も含まれています。最近では蜂の子には耳鳴りや耳の聞こえを改善させる効果があることがわかってきました。

他にも蜂の子には美肌効果があり、肌の弾力を改善させてくれる効果もあります。蜂の子には品質の良いアミノ酸が含まれています。ローヤルゼリーの約三倍の量であり、ビタミンや亜鉛、カルシウムなどの美容成分も含まれているため、蜂の子を継続的に食べ続ければ、美肌効果も高まります。

蜂の子の形がわかる状態で食べるのはどうしても抵抗があるという方は、蜂の子のサプリメントを活用するとよいでしょう。最近では蜂の子の有用成分が含まれたスキンケア製品なども販売されているため、美肌になりたい方はこうした製品を使用してみるのもよいでしょう。