“蜂の子”ってどんな珍味?

おいしい蜂の子を食べてみよう

蜂の子を見ると、体にとっても良いものと分かっているけれど、ちょっと形が生々しくて、食べづらいなと感じるかもしれません。あの形と味が苦手という方は、蜂の子が味付けされた缶詰などを利用する方法があります。缶詰タイプの蜂の子は、そのままの蜂の子よりも賞味期限が長くなっているので、食べたいなと思った時に食べられて便利です。

蜂の子の缶詰は、しょうゆや砂糖などで味付けがされている佃煮タイプのものが多くなっています。蜂の子の缶詰の中には、幼虫と成虫が混ざって入っているものもあります。幼虫はもちもちの食感があり、クリーミーな味わいのようです。成虫は少しカリカリとしていて、おつまみには最適ですね。甘辛い蜂の子は、お酒のつまみにして食べてもおいしいですし、ごはんのお供にいただくこともできます。

佃煮の味に飽きたなと思ったら、家庭で蜂の子に味付けをして食べてもおいしくいただけるのではないでしょうか?カレー粉を少し入れる、カレー風味の蜂の子もおいしそうですね。

蜂の子は栄養価が高くて、滋養強壮の源であると言われています。蜂の子には、アミノ酸や成長ホルモンなどの栄養素がたくさんつまっています。

また、蜂の子は、耳鳴りで悩まれている方にも効果があるようです。キーンという耳鳴りやゴォーっとする雑音が聞こえるという方にもおすすめです。毎日の健康を保つために、蜂の子の缶詰を食べてみられてはいかがでしょうか。

また、抵抗を感じてしまう方には蜂の子サプリメントがおすすめです。