“蜂の子”ってどんな珍味?

蜂の子の栄養と食べられる場所

栄養満点で昔から健康維持のために食されてきた食べ物と言えば、蜂の子があります。蜂の子とはクロスズメバチなどの幼虫のことで、山間部に生息しています。たんぱく質やビタミン、ミネラルや必須アミノ酸を含んでいて、栄養がギュッと凝縮されたサプリのような食べ物です。岐阜県や山梨県など海の無い地域では、海産物から得られるたんぱく質がないため、その代わりとして蜂の子を食してきました。

蜂の子は、東洋医学とも深くかかわっています。中国の医学書には最上ランクの生薬として紹介されていて、生命を養い、身体を軽くして元気にしてくれるもの、と書かれています。これは具体的には、頭痛を抑えたり内臓機能を高めたり、肌につやを与えたりすることを意味していて、薬の代わりとして位置づけられていたこともうかがえます。

そんな蜂の子は、最近では捕獲する人が減ってきていて、簡単に食べられるものではなくなっています。希少価値のある食べ物となっていて値段も高騰し、高級品ゆえ、一部のお店でしか販売されなくなりました。

蜂の子を食べてみたいと思ったら、ヘボ祭りへ行ってみると良いでしょう。ヘボとは蜂の子のことで、岐阜県の恵那市では、へぼの巣の大きさを競い合うお祭りを開催しています。この時にはヘボの瓶詰やヘボの炊き込みご飯など蜂の子を使ったさまざまな食べ物を食することができます。ヘボ五平という味噌だれを混ぜ込んだお餅は、行列ができる程の人気です。ヘボ祭りはヘボの収穫時期である秋頃に開催されるため、気になる人は訪れてみると良いでしょう。