“蜂の子”ってどんな珍味?

加齢性難聴に効果が期待できる蜂の子

歳をとると耳が聞こえにくくなって、生活をすることが今までよりも困難に感じることがあるでしょう。今までは普通に聞こえていたのに、最近聞こえが悪くなったと感じた場合、加齢性難聴になっているのかもしれません。

音は外耳道を通過して鼓膜を振動させ、耳小骨を通って内耳の蝸牛へ入っていくのですが、年をとると、音の伝道が悪くなることがあります。また、年をとると耳鳴りに悩まされる方が増えてきます。耳鳴りが起こる原因は、加齢の他に、耳そのものの障害や、ストレスなどです。

加齢に伴う難聴は、高音が聞こえづらくなることが特徴で、加齢性難聴は40代後半からスタートします。高い音が今までよりも聞こえづらいなと思ったら加齢性難聴を疑ってみるとよいでしょう。

加齢性難聴に効果があるといわれているのは、蜂の子で、タンパク質や炭水化物、ビタミンやミネラルなど、たくさんの栄養素が入っています。また、食事から栄養素を取り込む必要がある必須アミノ酸が入っている点も魅力があります。栄養素がぎゅっと濃縮されている蜂の子は、耳の健康を保つために、とても有効であると言われているのです。

蜂の子をそのまま食べることが苦手と思われる方は、蜂の子の成分を凝縮したサプリメントなどを上手に活用すると良いでしょう。ただ、どんな味なのか分からないので、続けられるか不安だと思われる方がいらっしゃるかもしれません。そのような時には、お試しで少量を試すことができるサンプル品などもあるため、そちらを試してから合うと思えば定期的に購入すると良いでしょう。